踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

Webライターになりたい人が募集や求人を見るよりも先にやるべきこと

f:id:asiaasia:20180507044526j:plain

 

Webライターになること自体は難しくない。アフィリエイトサイト等、文章を書いてほしいという仕事はクラウドソーシングサイト等を見ても数多くあるからだ。ただ、誰でも書けるような記事であり、ソーシャルで多くのフォロワーを抱える有名人でなければ報酬というのは低くなるのが普通である。

従って、Webライターになりたいのであれば、コンテンツ作成能力だけでなく、トラフィックを流す事の出来る環境作りが重要となる。多くの人を流せるだけの力を持てば、報酬の大きい仕事を貰う事も出来るだろう。

 

この記事では

▶ webライター募集や求人の多さから生じる報酬の低さ

について説明し

▶ Webライターとして十分な収入を得る方法

▶ ウェブ上で文章を書く仕事に就くためにすべきこと

まで更に詳しく紹介していきたいと思う。

 

 

webライター募集や求人の多さから生じる報酬の低さ

ライター
young writers / hans s

 

ライター業というのは人気の職業でもあり、ライターを目指して就職活動を始める学生も多い。ただ、こうした世界に憧れて出版社等に入っても広告を獲得するための営業だけしかやらせてもらえないという人がほとんどのはずだ。そもそもこのライターの世界では、キャリアの無い人が記事を書かせてもらうということは殆ど無い。記事を書けるのはごくわずかな人間だけである。

 

ウェブサイトで見かけるWebライター募集の求人は、殆どが素人向けの案件である。具体的には、アフィリエイトサイトの記事が多い。

アフィリエイトサイトに限らず、ネット上でWebライターが最も必要とされるのは、コンテンツを充実させて検索上位表示させるための作業である。キュレーションサイトにもこの点は含まれるだろう。

 

こうしたサイトで記事を書いてもそれだけで生活できるぐらいの収入を得るのはかなり難しい。なぜなら、コンテンツ(記事)を安く大量に確保したい発注者が殆どだからである。1文字0.5円、場合によっては1文字0.1円が普通の世界であり、在宅でも稼げることから、この低い報酬で納得している人も多い。

 

Webライターとして十分な収入を得る方法

では、Webライターとして十分に報酬を得るにはどうすれば良いか?プロのWebライターとして有名な人と言えば「ヨッピー(@yoppymodel)」だろう

f:id:asiaasia:20171226211805j:plain

ツタンカーメンの恰好でツタンカーメン展に一番乗りしてテレビで報道される

 

彼はライターというよりも芸人に近い要素が多い。それでもヨッピーを具体例にあげてプロのライターとして食べていける要因を説明していくと分かりやすいと思う。

 

上でも述べていったが、Webライターに必要とされるのはトラフィックを集める事である。もちろん、有名サイトに記事を掲載するWebライターはこの限りではない。ただ、元々トラフィックの多い有名サイトに記事を書けるライターは少数派なので、ここでは除いて考えていく。

 

企業からの依頼で書く商品やサービスの宣伝に用いる記事もあるので、過激なものやフザケ過ぎたものは採用されないのが普通だ。トラフィックを集めることは重要だが、収入(スポンサー)を考えると、単に過激で、フザケてやれば良いわけではない。

下記記事は「CHINTAI情報局」という株式会社CHINTAIが運営するサイトからの依頼で作成したヨッピーの記事である。

面白い企画から企業の宣伝、露出に繋げている。

 

ちなみにCHINTAI情報局にはこの後にもいくつかヨッピーが書いたものがある。スポンサーである株式会社CHINTAIも上記記事には大満足だったのであろう。

f:id:asiaasia:20150705171602j:plain

『賃貸・不動産情報はCHINTAI [賃貸マンション・賃貸...』 の新着エントリー - はてなブックマーク

 

最初の記事以降4、5回はヨッピーに依頼をしているようだ。リピートに際しては、そこそこの報酬も頂いたはずである。

 

ヨッピーの場合、コンテンツが面白い。要はコンテンツ作成能力が高いからプロのWebライターとして食べていけると考えている人もいるかもしれない。しかし、コンテンツ作成能力が高いだけではWebライターとして収益をあげる事は難しい。コンテンツが良ければ必ず集客が出来るわけではないからだ。

このCHINTAI情報局に投稿された記事にかんしてもそうだろう。CHINTAIという会社は知っていても、このサイトの知名度はそこまで高くない。文章作成が上手く、優秀なライターの記事を入れただけでは、誰も見てくれなかった可能性が高い。

 

ではヨッピーの書いた記事はなぜたくさんの人に読まれるのか?

これはソーシャルメディアを使った拡散が大きい。ヨッピーは作成した記事を公開と同時に自身のTwitterなどで宣伝する。これによって、コンテンツをユーザーがいち早く見つけてくれるだけでなく、拡散しやすくなるのだ。

コンテンツの作成だけでなく、メディアでの宣伝も含めた一連の作業までが報酬をもらうための契約となっているだろう。もちろん、ヨッピーが空気を読んで自発的にソーシャルで宣伝している可能性もある。

 

メディアを持つ

上記からもわかるように、プロのWebライターになるにはコンテンツ作成能力だけでなく、トラフィックを流す環境が重要となる。有名なライターであれば当然ソーシャルでもフォロワーをたくさん持っているだろうし、インフルエンサーを周りに抱えていることも多いので、コンテンツは大きな広がりを見せる。

 

では名前が売れているある程度有名な人でなければプロのWebライターになる事は難しいのだろうか?結論から言えば、ソーシャルでの影響力が無くともプロのWebライターになれる。ただし、トラフィックを抱えるサイト等のメディアが必要になる。

 

これは

1.専門性の高い大手サイトからキャリアを信用されて案件を貰う

もしくは、

2.トラフィックを抱えるサイトをライター自身が持っているケース

がある。

後者の例をあげると、自分にも何度か記事作成の依頼が来ており、そのうちの1つに詳しく条件等を伺ったことがある。向こうが提示した条件は、相手方メディアにこちらが寄稿した記事をソーシャル(Twitter)で宣伝する事に加えて、こちらのブログ記ことからもリンクを張る事を求められた。ブログからのリンクはアクセスを流すだけでなく、被リンクとも呼ばれ検索上位表示の効果もある。コンテンツ作成に加えて、ソーシャル、ブログでの宣伝(リンク)が条件だったのである。これらの対価として、もちろん報酬もいただけるとのことだったが、この依頼にかんしては断りを入れた。

 

以前ガジェット通信に記事を寄稿したことがあったが、その際は向こうから流れてくるアクセスに期待して無償でも引き受けた。今でも向こうが有名メディアでこちらのサイトにトラフィックを流してくれるのなら、無償でも寄稿したいと考えている。

有名サイトへの寄稿は自身のサイトへの露出とドメイン評価アップのための近道となるので、露出法としておすすめである。有名サイト(ブログ)への寄稿は「最短で稼ぐ」ための有効な手段の1つである。ただし、掲載については有名であればあるほどハードルも高い。

 

コンテンツ作成に加えて、ソーシャル・ブログでの宣伝を考慮した場合、記事の提供先が自分より無名のメディアだったらある程度の対価(報酬)が欲しいと考えるのは普通だ。このコンテンツ作成能力と抱えるトラフィックをお金に変えるのが、プロのWebライターだと考えれば良いだろう。

プロのWebライターになりたければコンテンツ作成能力を高めるのと同時に、トラフィックを抱えるメディア、ソーシャルを作成するか自身を有名にしなければならないのだ。

 

Webライターという文章を書く仕事に就くため最初にすべきこと

ウェブライターのPC

 

仕事経験(キャリア)のない人もWebライターになれる?

結論から言えば、当然なることも出来る。

今までは歌手も、素人がプロになるにはオーディションに出て合格し、大手事務所や企業のバックアップが必要とされた。地道にライブ活動を行っているバンドマンでさえも、メジャーデビューという形でなければ、殆どがバイトを掛け持ちしていたりと、プロとして食べていくことが出来なかったほどである。

しかし、最近ではYouTubeから有名になり、メジャーデビューせずともお金を稼いでプロ(YouTuber)となった歌手も出て来ている。ジャスティン・ビーバーもその1人だ。

これと同じでWebライターを含めたライター業も、もはや求人や募集から目指すものでは無くなりつつあると言える。

 

確かに、アフィリエイトサイトの案件を中心にすぐにお金になるライティング作業はある。しかし、記事を作成するだけでそれなりの報酬をいただきたいと考えているなら、ブログを書いて情報を発信していくことから始めるべきだ。

 

ライターになるためにブログを書くべき理由

無名の人間がライターとして生きていくためには、コンテンツ作成能力とトラフィックを流せる人間である事に加えて、それを証明しなければならない。その最も手っ取り早い手段がブログだ。

いくら「文章を書くことに自身があります!」と口でアピールしても信用されなければ意味が無い。それを証明する方法はいくらでもあるわけで、作品(コンテンツ)を見せれないというのは信用されないのが普通だ。

 

また、雑誌などで名前が残るコンテンツを作っていたとしても、報酬や環境に満足していないなら1回ネットという大草原に下野し、一からブログを始めた方が良い場合もあるだろう。本当に今の時代に会ったコンテンツ作成能力があれば十分な収益をあげることが出来るようになるはずだ。

 

サイトを運営する側も今後は積極的に有名ブロガーを使うようになるだろう。従って、Webライターとして報酬を得たいと考えているなら、ブログも専門性に特化し、プロフィールにも仕事に結びつくような紹介文や作品(コンテンツ)を載せておく必要がある。

もし、ライターとしての仕事を得たいなら、受けやすくする姿勢も大事になる。ちなみに自分は現状受けるつもりがないので、そういった姿勢を見せていない。あくまでも、そういう仕事が得たいならという話である。

もちろん、クラウドソーシングサイトでもブログを持っていれば、仕事の受注をしやすくなるだろう。クラウドソーシングサイトからWebライターのキャリアをスタートさせても良いかもしれない。

 

現在法人が事業として資金を投入しWeb上にメディアを作る事例はどんどん増えている。しかし、上手くいかないところは運営だけでなく、ライターの選定でも誤っていることが多い。Webでウケるコンテンツというのは紙面(有料の電子書籍も含む)とは全く異なる。SEOが出来れば検索エンジンからの集客も出来るし、様々な意味でネット集客できるコンテンツを作成できる人が求められているのである。

 

実績の無い人や書くことに慣れていない人、手っ取り早くお金を稼ぎたい人は在宅ライターから始めた方が良い。

>>> 最高で月50万の収入!「プラチナ」Webライター登録テスト

 

Webライターとして長らく食べていきたいなら、1記事で数万、数十万の報酬を目指した方が良いだろう。

人気ライター、具体的には、ヨッピーのレベルとなればそのぐらい払ってもコンテンツを作成したいと考えるスポンサー(企業)もいるはずだ。それぐらい彼のコンテンツは宣伝効果があり、ドメイン評価を高めること、結果的にGoogleからの流入を増やすことにも長けている。

 

プロのWebライターとプロブロガーのを兼任している人は非常に多い。Webライターを目指している人でも下記記事は必読である。

 

スポンサーリンク