踊るバイエイターの敗者復活戦

アフィリエイトを含めたネット広告やアルバイトからの収入で生計を立てる人に、踊りながら生き抜くための知恵を紹介するブログ。

ワーキングプアから自力で抜け出す方法を述べていく


ワーキングプアから抜け出す

 

ワーキングプアとは労働しているにもかかわらず、貧困ラインの生活から抜け出せない人たちのことを言う。

上記にもあるように、日本における貧困の問題は「ワーキングプアが多すぎる」ことだろう。つまり、マジメに働いているのに、貧困になっている人が多いのだ。

 

ワーキングプアが生じる要因として国の政策が影響することは否定できない。しかし、政府予算的に余裕がなく、他人に対して厳しい日本では自力で解決するのが最も現実的である。

 

ワーキングプアから自力で抜け出すためには金銭的に余裕が無ければならない。そして、金銭的な余裕を今以上に作るには、時間的、労力的な余裕を作ることも不可欠になる。

 

この記事では

▶ 稼ぎが増えない状態でも金銭的、時間的、労力的「リソース」を増やす方法

▶ 生じた金銭的、時間的、労力的「リソース」を使ってワーキングプアから抜け出す方法

からワーキングプアから抜け出した後、継続して余裕のある生活を送るために

▶ ワーキングプアからお金持ちになる方法

まで述べていきたいと思う 

 

ちなみに、この記事では、あくまでも国などによるサポートを必要としない健常者のワーキングプアが自力で抜け出す方法だけを述べていく。病気や障碍を持っている人、シングルマザーなどの社会的に不利な状態の人は国のサポート制度の利用も進めてほしい。

 

 

稼ぎが増えない状態でも「リソース」を増やす方法

稼ぎが増えないワーキングプア

 

ワーキングプアから向け出したい人がまずなすべきことは「リソース」を増やすことである。このリソースとはワーキングプアの場合、金銭的な意味での余裕になる。しかし、金銭的な余裕を増やすためには時間的、労力的な余裕を無視することは出来ない。

 

これら余裕を現状よりも増やすには

1.コストの把握を「徹底」する

2.金銭、時間、労力的なリソースを大切に使う

以上の2点が必要になる。

 

コストの把握を「徹底」する

ワーキングプアから抜け出す第一歩として、現状の金銭的コスト(支出)だけでなく、仕事や日常を過ごす上で使っている労力や時間を把握するのは極めて大事だ。

ワーキングプアになってる現状からすると、金銭的、時間的、労力的なリソースが不足しているのは明らかである。コストを減らさなければワーキングプアから抜け出すことが出来ない状態なのだ。

 

コストを把握する方法

金銭的なコストの把握について、家計簿を付けることは昔から行われていることである。ただ、家計簿は面倒な上に、ワーキングプアの場合はそこまで出費が多様化しているわけではない。従って、普段から一枚のクレジットカード決済へまとめ、月に1回確認する程度で十分かと思う。また、ワーキングプアの多くは金銭的なコストについてある程度把握し、普段から節約など気にしてるはずだ。従って、特に把握が必要なのは時間的、労力的なコストの部分である。

 

時間的、労力的なコストで容易に節約出来るのは、働いている「以外」の時間である。この働いている以外の時間とは、例えば、通勤を含む広い意味での日常における移動時間、スーパーの買い物時間などである。

まずはこれらをノートや携帯のメモ帳にまとめるなどして、把握するようにしよう。また、これら時間で何をしたかも労力的なコストを把握する上で大事である。何にどれぐらいの時間・労力を普段から使っているのか、頭へ入れておくべきだ。

 

金銭、時間、労力的なリソースを大切に使う

ワーキングプアは金銭的なコストに目がいきがちである。しかし、ワーキングプアの多くは時間、労力の部分でもリソースを無駄にしている人が多い。これは時給が低い仕事をすることも含んでいる。

時間、労力のコスパを高める上で最も一番手っ取り早いのは時給の高い仕事へ変えることである。フリーターならなるべく稼げるバイトを行うべきだ。

ただ、バイトや仕事を辞めるのは気軽に出来ることではない。従って、日常の時間、労力を節約する方法から取り入れていこう。

 

日常の時間、労力を節約する方法としては

・移動時間をへらす

・ネットで買えるものはネットで購入する

などがある。 

 

現状生じているコストでも、少なく出来るものは少なくした方が良いだろう。

 

移動時間を減らす

f:id:asiaasia:20180314184836j:plain

 

まず、検討すべきなのが移動時間の節約である。働いている場所に限らず、スーパーやジムなど普段から通っている場所があるなら、移動時間を節約するために引越しを考えるべきだろう。良く行く場所、移動時間を最も消費する場所の近くに住むのだ。

もちろん、引越し自体にもコストはかかるので、これが必ずしもすべての人におすすめ出来るわけではない。引越しは多くのコストが家賃の面(金銭的なコスト)、労力、時間のコストの面でも割に合うような場所が見つかり次第で良いかと思う。

 

移動時間が少なくなると、運動不足を心配する人もいる。しかし、運動なら、コストに余裕が出来てからジムなどへ通った方が良い。ワーキングプアはコストを減らすことの方が運動不足を解消するよりも先になすべきことだからである。

 

ネットで買えるものはネットで購入する

ネットで買えるものはネットで購入するようにすることも、時間的、労力的なコストだけでなく、金銭的なコストを節約する上で極めて大事である。

食べ物は毎日買わないと難しいものもある。ただ、重い物、保存期間の長いものは全てネットで購入した方が良いだろう。お米だったり、飲み物、サプリメントなども良い例である。

f:id:asiaasia:20180227154542j:plain

日本の家に置いてある飲み物やプロテイン

 

これだけでスーパーやコンビニへ行く時間を減らすことが出来る。お米や飲み物など、重いものもネットで購入することにより、労力を減らすことも出来る。

時間に余裕が出来るのはもちろんのこと、ネットで購入する習慣をつければお金や労力の節約にも繋がり、今以上の「余裕」を作ることもできるはずだ。

 

生じた「リソース」を使ってワーキングプアから抜け出す方法

こうしたコスパを高めることでワーキングプアから抜け出すことが出来る人も出てくるはずだ。しかし、元々収入が少なかったり、作り出すことの出来る余裕が少ない人は、これだけでワーキングプアから抜け出すのは難しい。現状、稼ぎや余裕が少なくてワーキングプアになっているので当然と言えば当然だろう。

こうした人達がワーキングプアから抜け出すには、作り出した金銭的、時間的、労力的なリソースを少しでも多く「より稼げる方向」へ使っていかなければならない。

 

金銭的なリソースについては、投資へ使ったり、税金を減らすための節税、事業を始めるなどの方法があるだろう。投資についても利益に税金がかからないNISAの枠から使うべきだ。NISAであれば、不足した時に、比較的早く現金化もできる。

こうした金銭的なリソースを使った節税や投資については下記記事を参考に。

 

投資については積極的に行うべきで否定するつもりはない。ただ、投資で金銭的な余裕を作るのはワーキングプアほど難しい。元々投資へ回せるリソースが少ないので当然だろう。従って、本気でワーキングプアから抜け出したいなら、やはり時間的・労力的リソースの使い方が大事になる。

 

時間的・労力的リソースを使ってワーキングプアから抜け出す

時間的・労力的余裕が増えた際、最も手っ取り早く稼ぎを増やす方法はバイトや日雇いなどで使うことである。要は働く時間を増やすことだ。現在のバイト先のシフトを増やしたり、休みの日や時間のある時に日雇いを入れるのも良いだろう。実際、良いか悪いかは別として、こうした時間的・労力的なリソースを仕事へといっぱいまでつぎ込み、ワーキングプアから抜け出している人は多い。

もちろん、雇われて働くのではなく、自分で事業を行い稼いでも良いだろう。

 

確かに、現代では、「寝る間も惜しんで」働き貧困から抜け出すことを否定する人も多い。しかし、手っ取り早く稼ぐなら、こうした方法が最も確実なのは理解できるはずだ。

 

「働く」時間を増やさずに、金銭的なリソースを作る方法

f:id:asiaasia:20180314185201p:plain

www.flickr.com

 

こうした一般的な労働で時間的、労力的リソースを使い、金銭的な余裕を作るのが嫌、「働きたくない」場合でも

1.広い意味での「働く」を避けて金銭的な余裕を作る

2.狭い意味での「働く」を避ける。要は好きなことでお金を稼ぐ

以上のような選択肢が残されている。

 

広い意味での労働を避けて金銭的な余裕を作る

時間的、労力的なリソースが余ると「お金を生まない趣味に時間を費やす」「何もしない」「睡眠時間を増やす」を選択する人も多い。これは人間の本能上しょうがない部分はあるかと思う。しかし、リソースが余っても、こうした時間に費やしてしまえば、ワーキングプアから抜け出すことは出来ない。

 

生じたリソースを使って労働を増やしたくない人はコスパを高める施策を細かい部分まで行うことから始めてみよう。こうした日常のコスパを高める行動は書類1枚で終わるものも多い。忙しいと書類1枚書くのにも面倒になるが、時間的、労力的なリソースが出てくればより行動を起こしやすいはずだ。

 

手続きが面倒だが多くの人が取り入れるべきこととしては、上でも述べたように

・日常の決済をクレジットカード決済にする

ことがあげられる。コストの把握だけでなく、消費によって還元が得られるようになるからだ。

クレジットカードが作れない人はデビットカードでも良いだろう。デビットカードはクレジットカードのように使うことができ、最近では還元率の高いカードも登場している。

また、

・格安SIMへと変える

格安SIMへと変えるだけで月5000円程度の節約になることも珍しいことではない。

 

申し込みが面倒で行動を起こしていない人も時間が余れば、コスパを高める行動をどんどん取り入れていくことも容易になるはずだ。

 

確かに、固定費を下げたり、還元率が倍にしても貧困から抜け出すのは難しい。ただ、こういった少しずつコスパを上げる行動をしていくことが大事なのだ

細かいことも積み重なれば大きな余裕になる。お金に余裕のある人ほど、こうした細かいコスパを高める行動を普段から行っている。

 

コスパを高める施策も、忙しいと面倒に感じ、やるのを避けてしまう。時間が無くて取り入れることが難しい人は労働時間の見直し、時間的な余裕を作ることも検討すべきだ。

 

狭い意味での「働く」を避ける。要は好きなことでお金を稼ぐ

好きなことで生きていく金正恩

twitter.com

 

趣味などの好きなことをして、それが十分な収入になれば、「働く時間を増やさずに」ワーキングプアから抜け出すことも可能である。ただ、こうした好きなことで稼ぐのは簡単なことではない。

好きなことの多くはインプットになる。アウトプットを楽しめる人や十分に稼げる環境に置かれているのは少数だ。万が一アウトプットが楽しめていても、それで十分な額を稼ぐのは簡単なことではない。

 

例えば、旅行やゲームを楽しんでいる人がいるとする。これらは趣味としてだったり、日常的に行っても楽しいと感じている人は多い。しかし、旅行したり、ゲームをするだけでは当然お金にならない。旅行は情報を記事にする、ゲームもプレイ中に動画で配信したり、動画を面白く編集してアップロードする必要がある。この記事を書いたり、配信や動画編集アップロード作業がアウトプットになる。旅行やゲームが好きでも、アウトプット作業が楽しいという人は圧倒的に少なくなる。笑いながら動画編集しているヒカキンのような人は圧倒的な少数なのだ。

また、アウトプットしても、広告収入が目的なら人を集めなければならない。SEO対策だったり、ファンの獲得は不可欠になるだろう。

 

好きなことである程度の収入を得たいなら、アウトプットが楽しいだけでは足りない。アウトプットを楽しめる性質に加えて、それで十分稼げている環境になければならないのだ。

 

働かない生活を実現したい人は下記記事を参考に。

 

ワーキングプアからお金持ちになる方法

f:id:asiaasia:20180314190013j:plain

 

スポーツ選手や医師など、他の人よりも特定の能力に秀でていたり、スキルを持っている人はワーキングプアにはなりにくいだろう。

加えて、特別優れた能力が無くとも、エンターテイメントの世界で活躍しているタレントは多い。

こうした人達はいずれも

▶ コストパフォーマンスの高い(時給換算で金額の高い)お金稼ぎが可能

なので、わずかな労働時間、つまり、労力的、時間的リソースを多く使わなくとも十分な額を稼ぐことが出来る。

 

ただ、一般人の場合、労力的、時間的リソースを多く使わなければ十分な額を稼ぐことは難しい。フルタイムで働かないと、十分なお金を貰えない人が殆どである。ここからお金持ちになるには、細かいことでもコストパフォーマンスを高め続けなければならない。

 

上でも述べたように、労力的、時間的リソースは金銭的なリソースを増やす上でも極めて重要である。そして、

▶ 労力的、時間的リソースの多くをお金稼ぎに使う

要は、「労働」時間を長くすることで、多くの人はワーキングプアにならずに済んでいる。

 

ただ、「コストパフォーマンスの高いお金稼ぎ」という前者だけでなく、「労力的、時間的リソースの多くをお金稼ぎに使う」という後者についても、今の時代ではハードルが高く感じる人は多いだろう。労働時間を長くすることで余裕を増やしている人は、金銭的な資産の蓄積も早急に必要となる。労働時間を長くすると、高いモチベーション、健康面での維持も長期間であればあるほど難しくなるからだ。

 

そこで本業にプラスして、リスクの少ない「好きな」事業を始めることからおすすめしたいと思う。本業は給料制のものなど、安定していれば安定しているほど良い。加えて、成長率の高い事業を行うことをおすすめしたい。日本よりも「海外」の方が選択肢は多いだろう。

日本の市場は成長しておらず、多くの分野でパイの奪い合いが始まっている。現在成長しているネット関連の分野でも、成長は長く続かないだろう。

また、海外に置ける生活、労働拠点づくりは選択肢を増やす上でも極めて重要なことである。一見ハードルが高いように感じる海外拠点を増やす行動も本業を続けながらでも行うことは可能であり、選択肢を狭めることも無い。

 

コストパフォーマンスの高いお金稼ぎが可能な人はそれに集中してリソースを注げば1つ頭の抜けた金持ちになれるだろう。これについては難しいことではない。労力的、時間的リソースの多くをお金稼ぎに使えるモチベーションや体力のある人も同様だ。

しかし、一般人であり、かつ労力的、時間的コストをなるべく費やしたくない人は、使うべきリソースを趣味で行っている「好きなこと」「海外」で事業を起こすべきだ。もちろん、好きなことや海外で稼ぐことも簡単なことではない。

それでも現状のリソース配分でワーキングプアからお金持ちになるには、この方法が最も確率も高いはずだ。

 

スポンサーリンク