踊るバイエイターの敗者復活戦

少ない収入で生きてる人へ、主に楽天経済圏を利用した節約、新しいお金の稼ぎ方を提示し、踊りながら(楽しみながら)生き抜くための知恵を紹介するブログ。

YouTubeで収入を得る仕組みについてまとめて紹介していく


YouTubeで収入を得る仕組みについてまとめて紹介していく

 

YouTubeで収入を得る仕組みとしては

1.動画再生ページで表示される「広告による収入」

2.ライブ配信中に可能な「投げ銭(スーパーチャット、スーパーステッカー)」

3.月額課金される「チャンネルメンバーシップ」

4.YouTubeチャンネルでの「グッズ販売」

が公式でも紹介されている。

これ以外には

5.動画で商品やサービスを紹介する「企業案件」

と呼ばれるものもある。

大手YouTuberになると、YouTube広告やスーパーチャットよりも、企業案件による収入が多くなる。企業案件は広告主から報酬をもらって作成するため、YouTubeによらない広告収入になる。

 

この記事では

▶ YouTubeで広告収入を得る方法とその仕組

について詳しく紹介するとともに広告収入以外の

▶ スーパーチャット(Super Chat)とスーパーステッカー(Super Sticker)

▶ チャンネルメンバーシップ

▶ チャンネルでのグッズ販売

まで詳しく紹介していきたいと思う。

 

 

YouTubeで広告収入を得る方法とその仕組

YouTubeで広告収入を得る方法とその仕組

 

YouTubeで広告収入を得るにはパートナープログラムに登録し、収益化開始基準を満たさなければならない。

YouTubeが公式に配信している広告は動画再生中に表示される。また、企業などから直接依頼を受け、YouTubeを通さず、動画内で商品やサービスを紹介して収入を得る案件も広告収入に入るだろう。

 

下記ではYouTubeから広告収入を得るまでの流れから、YouTube公式、YouTube公式以外の広告について詳しく述べていく。

 

 

 

YouTubeから広告収入を得るまでの流れ

YouTubeで収入を得るまでの流れを簡単に説明すると

1.YouTubeのパートナープログラムに登録する。

2.YouTubeパートナープログラムをGoogleのアカウントでGoogle Adsenseと関連付ける。Google AdSenseの「お支払い」の項目で銀行口座を登録する。

3.YouTubeに動画を投稿し、総再生時間4000時間以上、チャンネル登録者数1000人以上に達すると、申し込みの審査が実施される。投稿した動画が規約に遵守しているかどうかが確認される。遵守されていると判断されれば、動画に広告の掲載が許可される(2018年1月発表の収益化開始基準)。

4.動画内で広告が再生されたり、サイドバーにある広告がクリックされると収益が発生する。

5.収益が8000円以上まで貯まった翌月の25日前後に、指定の銀行口座へと振り込まれる。

という流れになる。

 

YouTubeはパートナープログラムというものを提供している。以下の条件を満たすYouTubeチャンネル登録者であれば誰でも参加が可能となっている。

・パートナープログラムが住まいの国で実施されている(60カ国が対象。もちろん日本でも実施されている)。
・アカウントが以前、収益の受け取りについて、無効になっていない。
・広告主にとってメリットが大きいコンテンツをアップロードしている。
・動画コンテンツが利用規約およびコミュニティガイドラインに準拠している。
・YouTube の著作権教育資料を確認している。
・所属するマルチチャンネル ネットワークが YouTube パートナープログラムへの参加を禁止していない。

YouTube パートナー プログラムの参加条件 - YouTube ヘルプ(一部訂正)

YouTubeから広告収入を得るにはまずYouTubeパートナープログラムへ登録しなければならない。YouTubeパートナープログラムへの登録後、GoogleのアカウントでGoogle Adsenseと関連付ける。報酬の管理もGoogle AdSenseでなされ、住所、名前、電話番号等の登録は必須である。

 

この1再生、1クリックによる報酬額は表示される広告による。1クリック30円から高いものでは1000円以上になることもある。ただし、過去の挙動から見て、不自然なクリックは収益として計上されない。視聴者にクリックを呼び掛ける行為も規約違反である。

広告の単価は動画を見ている人が広告をクリックし、実際に商品やサービスを購入まで至ったかどうかでも上がる。

YouTubeからの収益は日本円の場合、8000円を越えたら月末締めの額で翌月の25日前後に指定の銀行口座へと振り込まれる。現在は銀行口座以外での受取方法は無い。もちろん、未成年者でも銀行口座を持っていればお金の受け取りは可能である。

 

YouTube公式の広告の種類

掲載される広告にはターゲットを絞らず広く表示されるものから、ターゲットを絞って表示されるものまである。

ターゲットを絞らず広く表示されるものは新商品やサービスなど、認知度アップを目的とし、通常の広告よりも高めの料金を払って広告主が掲載する。

ターゲットを絞った広告はYouTubeの親会社Googleのアルゴリズムによって選ばれる。基本的に、ターゲットを絞った広告であれば、訪問者に合わせたものが表示される。

 

動画再生画面においては、3種類の広告が表示され、クリックと完全視聴により収入が発生していく。

動画投稿者は特定の広告を非表示にできる。動画視聴者はYouTube Premium(プレミアム)への加入で広告の非表示ができる。

 

インストリーム広告

YouTubeインストリーム広告


インストーム広告とは動画の再生前、もしくは長時間動画では15分後、30分後など動画再生中にテレビのCMのように流れる広告である。

 

5秒後に視聴者が広告をスキップ出来るものや、スキップ出来ない15秒程度の広告がある。動画投稿者(チャンネル所有者)はこの設定を自由に選べる。

インストーム広告は広告を全部視聴した場合や再生画面をクリックして外部のスポンサーサイトへ移動した際に報酬が発生する。

 

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは動画の表面を覆うようにして表示される広告を言う。YouTubeでは下記のように、再生中の動画下部に表示される。

YouTubeのオーバーレイ広告

WORLD ORDER "Welcome to TOKYO" - YouTube

 

動画投稿者は再生から10秒以上経過したあとに、この広告を表示できる。この広告は視聴者にクリックされると報酬が発生する。クリックされず、右上の×で広告を消されれば収益は発生しない。

 

サイドバー広告

YouTubeサイドバー広告

人食い虎の檻の中に間違って入っちゃって襲われるドッキリ【ラファエル】

 

サイドバー広告とは、動画右側のサイドバーに表示される広告をいう。

この広告はクリックした場合に報酬が発生する。ただし、先に紹介した広告に2つに比べてクリック率は非常に低くなる。

 

YouTubeからの広告収入 

YouTubeからの広告収入は以上のように広告の

1.クリック数

2.完全視聴数

3.1再生あたり、1クリックあたりの単価

によって決まる。

チャンネル登録者数は全く関係ない。YouTubeからの広告収入はあくまでも広告のクリック数や完全視聴数及び1再生あたり、1クリックあたりの単価によって決まる。

もちろん、チャンネル登録者数が多ければ、企業案件をお願いされやすくなるケースも多くなるだろう。

 

 

 

YouTube公式以外の広告収入(企業案件)

人気YouTuberのはじめしゃちょーによる「ゴリラクリニック」とのタイアップ動画

 

「シーブリーズ(販売元:資生堂)」とのタイアップ動画

 

企業案件はYouTubeを通さず、事務所や個人が広告主から広告料をもらって動画を作成し、商品やサービスの宣伝を行うものである。

HIKAKINやはじめしゃちょーが所属するYouTuberの事務所UUUM(ウーム)では所属YouTuberが有名企業の案件動画を定期的に出している。

テレビほどではないものの、今のYouTubeはかなりの数の企業案件を抱えている。

YouTuberは視聴者を抱えるチャンネルの保有から出演、動画編集作業も行っている。テレビ番組のテレビ局、出演者、制作会社が1つになったような形である。好感度が高く、広告効果のありそうなYouTuberには1回数百万円を越えても、広告を出したいと思っている企業は多いはずだ。

 

一方で問題も生じている。

事務所に所属せず、個人で活動しているYouTuberは案件を提供する会社をよく調べずに受けている。

お金を重視するあまり、怪しい投資を紹介したり、広告案件であることを隠して商品を紹介するいわゆる「ステマ」で稼いでいる人も出てきている。

 

スーパーチャット(Super Chat)とスーパーステッカー(Super Sticker)

YouTubeのSuper Chat

https://youtube-creators-jp.googleblog.com

 

YouTubeには投げ銭システムに似た「スーパーチャット(Super Chat)」「スーパーステッカー(Super Sticker)」と呼ばれるシステムもある。

スーパーチャットはライブ配信中にチャット欄の「$」マークをクリックし、金額を入力してコメントすると、ライブ配信者にお金が入るシステムである。スーパーチャットを使うと、コメント欄でも文字がハイライトで表示され、一定時間(最大5時間)固定表示される。スパチャとも呼ばれている。

 

スーパーステッカーは様々なカテゴリーのデザインスタンプをコメント欄に表示するシステムである。このステッカーをコメントに貼るにも、視聴者はお金を使う。

ライブ配信者はお金がもらえ、視聴者はライブ配信者に自分をアピールする手段となる。

 

スーパーチャットとスーパーステッカーは1日あたり500ドル、または1週間あたり2000ドル(それに相当する現地通貨の相当額)まで購入できる。日本なら1日5万円程度になる。

消費税や様々な手数料が引かれ、配信者が受け取れるのは視聴者が購入した額の50%から最大で68%になっている。

スーパーチャット、スーパーステッカーの収益はGoogleの広告収入(Google AdSense)と一緒に振り込まれる。

 

ライブを中心に活動しているYouTuberもおり、彼らは広告収入よりもこうした投げ銭による収入が多くなっている。

 

 

 

クラウドファンディング

投げ銭に近いシステムとして、YouTubeでは承認済みのクラウドファンディングサイトにてキャンペーンを立ち上げることもできる。

クラウドファンディングではプロジェクトを立ち上げて、そのプロジェクト達成のために費用を募る。クラウドファンディングでは一括もしくは毎月継続的な支援を受けれる。

 

プロジェクトの支援者にはその見返りとして何かを提供する。プロジェクト関連のグッズやプロジェクトを立ち上げた人からのお礼動画、メッセージ、手紙などがある。

 

チャンネルメンバーシップ

チャンネルメンバーシップ

 

チャンネルメンバーシップはチャンネル登録者数が5万人を越えると有効になる月額課金機能である。日本では月額90円から月額6000円まで設定ができる。

日本におけるYouTubeメンバーシップ料金

support.google.com

 

チャンネル側にはメンバーに課さられる月額料金のうち約70%が入る。

料金によってメンバーシップのレベルわけもできる。最大5つまで、価格の異なる会員レベルを設定できる。レベルを複数設ける場合、料金が上がるにつれて特典を積み上げられる。

 

メンバーシップの特典としては

・メンバー限定のコミュニティ投稿

・メンバー限定の動画(ベータ版)

・メンバー限定のチャット

がある。

 

チャンネルでのグッズ販売

YouTubeチャンネルでのグッズ販売

creatoracademy.youtube.com

 

YouTubeチャンネルではクリエイターによるグッズ販売も認めている。

Teespringとの提携により、YouTubeの動画視聴ウィンドウの下に表示される棚でグッズの宣伝できる。視聴者が棚をクリックすると、Teespringストアのウェブページが開く。注文や支払いの処理、カスタマー サポートはすべて、Teespringで行われる。

 

チャンネル登録者数が10万人以上の場合は、Teespringにグッズのデザインサポート サービスを依頼できる。

グッズにはTシャルからスマホケース、マグカップ、ステッカーなどがある。ただし、2019年8月現在、日本ではあまり普及していない。

 

投稿動画による広告収入はファンの数が多くなくとも得られる。なぜなら、トピックを検索していたユーザーがたまたま見ることも多いからだ。YouTube内だけではなく、Googleといった外部の検索サイトからファンではないユーザーに動画が見られることもあるだろう。

しかし、広告収入以外の収入であるスーパーチャットやチャンネルメンバーシップはファンや支援者がお金を出さなければ収益として発生しない。

ファンからの収入を増やすには「ライトな(細い)囲いを多数」もしくは「ヘビーな(太い)囲い」を如何にして掴むかが重要となる。相手が求めているであろう見返りをきちんと把握しなければならないだろう。

 

こうしたSuper Chat(スーパーチャット)やチャンネルメンバーシップといったファンによる収入を含む、YouTubeによる収入を増やしたい人は下記記事を参考に。